【YouTube運用・代行】YouTube動画広告の種類・メリット

ホーム 企業YouTubeの制作依頼をお考えの方へ > 【YouTube運用・代行】YouTube動画広告の種類・メリット

05_mv.jpg

YouTube運用・代行ならプロへ!広告動画を制作するメリットとは

YouTube運用代行は実績の多い専門業者に依頼するのがおすすめです。YouTube運用の代行業者では、自社の動画チャンネルを開設するだけでなく、YouTube広告を効果的に配信することができます。ここでは、YouTube広告の種類や運用方法について、またYouTubeに広告を流すメリットについてご紹介します。

そもそもYouTubeの広告ってどんなもの?種類とそれぞれの特徴

効果の高い広告手法として、YouTubeという媒体が注目を集めています。サイバーエージェント社の調査によると動画広告市場は年々増加しており、2019年には2,592億円に達しました。さらに2024年までに、動画広告市場は6,856億円に達すると試算しています。


より効果的なマーケティング手法をお探しなら、注目度が高まっているYouTube広告の運用がおすすめです。


2021年現在、YouTube広告には以下のような種類があります。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

TrueViewインストリーム広告

動画再生前後や動画の途中に流れるTrueViewインストリーム広告には、5秒でスキップできるものと15秒間流れるものがあります。続きが気になるような広告を作れば、視聴者の反応率がアップします。

動画を見る

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、YouTubeの関連動画や検索、モバイル版などでトップページに設置される広告です。動画内ではなく、広告クリックによって再生されるのが特徴です。

バンパー広告

動画の再生前や再生後、再生中に流れる6秒間の広告をバンパー広告と呼びます。内容を簡潔にまとめることが、バンパー広告の効果を高めるためのポイントです。

マストヘッド広告

YouTubeホーム画面の上部に設置できる広告をマストヘッド広告といいます。マストヘッド広告は予約制となっているため、掲載には問い合わせが必要です。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画再生画面の下部に半透明の形で表示されるテキストを指します。動画に重なるため目につきやすく、クリック率も高めです。

ディスプレイ広告

動画の右側やおすすめ動画一覧の上部などに、ディスプレイ広告を表示することも可能です。ディスプレイ広告はターゲットを絞って表示されるので、認知度やクリック率が高まりやすいのが特徴です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、Google広告と連携したサイトに配信されるモバイル広告です。アウトストリーム広告を制作すれば、YouTubeにアクセスしない方にも広告を届けられます。

YouTube動画を使った広告のメリット

YouTube運用にあたって、広告を掲載することには複数のメリットがあります。ここからは、YouTube広告のメリットをチェックしていきましょう。

ユーザー数が多く効果が高い

YouTubeは1日数十億回以上も再生されるなど、ユーザー数が多い媒体です。広告を掲載すれば多くの視聴者の目に触れる確率が上がり、高い効果が期待できます。

適切なターゲティングができる

YouTube広告はGoogleのデータを用いたターゲティングに対応しています。つまり、より効果の高い層に絞って自動で配信することが可能なのです。視聴者の年齢や性別、居住地などの情報に合わせて最適な広告を表示できるのは、YouTubeならではのメリットといえるでしょう。

広告のメリット

広告に動きや音を取り入れることができる

従来の新聞広告や雑誌広告では、画像やテキストのみで商品やサービスの魅力を伝える必要がありました。インターネット広告にも、画像やテキストのみのものが数多くあります。YouTube広告はこういった広告とは違い、動きや音でアピールできます。動画は伝えられる情報量が多いため、より効果的なプロモーションが可能となるのです。

目的に合わせて広告を出せる

YouTube広告は企業のマーケティング目標に応じて使い分けられます。例えば、自社サイトへの誘導を促したいときにはウェブサイトのトラフィックを目標として設定できます。また、ブランド認知度を高める目的や見込み客を獲得する目的で、広告のキャンペーン内容を定めることも可能です。

成果を測定できる

YouTubeに広告を掲載したあとには、視聴率や反応回数を測定することができます。視聴した動画のインプレッション数(表示数)、クリック数や再生時間など様々な測定結果が得られますので、マーケティング分析に役立てましょう。

YouTube運用で広告を掲載したいなら代行業者に依頼しよう

ユーザー数の多いYouTubeに広告を掲載すれば、マーケティング効果を飛躍的に高めることができます。YouTube広告には様々な種類がありますので、自社に合ったものを選定し、宣伝効果を高めていくのがおすすめです。

株式会社BOZUPでは、YouTube広告の運用代行のご相談・ご依頼を承っております。YouTube広告運用に関するご不明点・ご相談は、株式会社BOZUPまでぜひお問い合わせください。

動画制作についてのお役立ちコラム

YouTube運用代行業者をお探しなら株式会社BOZUPへ

会社名:株式会社BOZUP

本   社:〒231-0021神奈川県横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル

代表者:笹田祐介

設   立:2013年5月2日

T E L  :045-548-8018

F A X :045-345-3185

U R L  :https://www.bozup.jp/

 

取引銀行

​三井住友銀行 横浜支店

横浜銀行 本牧支店